多彩なアルゴリズム

画像解析やリアルタイム行動解析など新しい技術を取り入れたアルゴリズムから、協調フィルタリングなどの一般的なアルゴリズムまで多数ご用意しております。

例えば、アパレルのECサイトを運営していれば、画像解析を利用することにより類似商品をオススメとしてご提供することが可能となります。

また、リアルタイム行動解析では、今まさに興味があるものに対してレコメンドするため、一般的なレコメンデーションよりも高いコンバージョンが見込めます。

ヱヂレコでは様々なレコメンデーションアルゴリズムを選択することが出来ます。

代表的なアルゴリズム

  • 協調フィルタリング
  • テキスト解析
  • 画像解析
  • リアルタイム行動解析

協調フィルタリング

ECサイトで最もよく利用されているのが、協調フィルタリングによるレコメンデーション表示です。「この商品を見ている人はこんな商品も見ています」などで使われることが多く、アイテムの相関関係に基づいてレコメンデーションが表示されます。一方で協調フィルタリングの問題点は、閲覧や購買などの情報が蓄積されるまでは、レコメンデーションの精度が低くなることです(コールドスタート問題)。このような場合でも、精度の高いレコメンデーションを表示させるために、『ヱヂレコ』では「アルゴリズムの自動最適化」という解決策をご用意しております。

この商品を見ている人はこんな商品も見ています
協調フィルタリングイメージ

テキスト解析

アイテムのタイトルや説明文などのテキスト情報を解析し、類似度が高いアイテムをオススメとして表示する方法です。単独での利用ではなく、「アルゴリズムの自動最適化」の中で利用されます。

画像解析

アイテム画像を読み取り、その特徴点から類似の画像(アイテム)を検出することが出来ます。これにより、レコメンデーション計算用データが蓄積されていなくても、精度の高いオススメを表示することが可能になります。主にアパレルを中心とした企業様に「類似商品」の表示として活用いただけると効力を発揮します。

画像解析イメージ

リアルタイム行動解析

ユーザの導線をリアルタイムに解析し、”今何をオススメすべきか”を瞬時に計算してオススメ情報をご提供します。リアルタイム行動解析を導入することにより、その時にユーザが必要としている情報を提供できるとともに、一般的な協調フィルタリングなどに比べて、クリック率(CTR)・成約率(CVR)が高くなる傾向にあります。まさに、ユーザの心理(行動)に合わせたレコメンデーション表示が可能となります。

リアルタイム行動解析イメージ

ヱヂレコのアルゴリズム

表示例 表示アルゴリズム
この商品を見ている人はこんな商品も見ています 協調フィルタリング(アイテム×閲覧)
この商品を買っている人はこんな商品も買っています 協調フィルタリング(アイテム×購買)
あなたにオススメの商品 自動最適化(ユーザ→アイテム)
※協調フィルタリング、テキスト解析、画像解析、行動解析から最適なロジックを自動選定
この商品に似ている商品 画像解析(アイテム→アイテム)
Coming Soon関連商品 ルールベース ※手動登録
あなたにオススメのコーディネート 自動最適化(ユーザ→コーディネート)
Coming Soonこの商品のオススメコーディネート 画像解析(アイテム→コーディネート)
※この商品もしくは類似商品を含むコーディネートを勧める。
Coming Soonこのコーディネート中の商品に似ている商品 画像解析(コーディネート→アイテム)
ランキング ランキング
(検索キーワードに基づく、検索結果) 自動最適化(キーワード→アイテム)
お問合せ